津幡町の三州農園と言えば『白ネギ』(自称・三州白ネギ)

■ 三州農園の白ネギは、柔らかくおいしいよ!

□ おもな品種  吉宗、夏扇、ホワイトスター

能登白ネギは有名ですが、三州農園の白ネギの栽培過程も能登白ネギとほぼ同じです。
(実話、能登白ネギから栽培方法を習得しました)
3月に播種を行い、5月に定植を行います。定植後の栽培過程においては、苦土石灰、牛糞、鶏糞などを使用しますが、除草のための除草剤は、一切使用しません。
その後、土寄せを行い9月から徐々に収穫を開始。白い部分は30センチを目標としております。

□ 収穫と販売

収穫は、通常は10月を目途としておりますが、早い年は8月後半となります。
販売のピークは、11月~12月。
そして、4月になると春ネギとして再度収穫を行いますが、4月初めから津幡の花見スポット「倶利伽羅公園」に開催される「倶利迦羅さん八重桜まつり」のシーズンまで販売しております。
2022年は、不作のため残念ながら量が少な目です。

■ 2021年度の報告

2021年度は、白部分が30センチを超し、まずまずの出来でした。
11月7日(日)には、津幡駅前の直売スペースにて、鍋の日にちなんで『ネギ祭り』を開催し、沢山のお客様にお越しいただきました。(ビックチャンス!ネギプレゼントゲームも)

■ 2022年度の販売について

2022年度の「三州白ネギ」の販売は、不作のため限られたわずかな量となります。
予めご了承願います。(通販も出品なし)